【これが効く】逆流性食道炎に効く薬!効果が高いおすすめはこれ!

逆流性食道炎に効く薬はこれ!

逆流性食道炎かなと思ったら、病院へ行って診察をうけるのがよい。というのは誰でもわかっていることです。しかし、病院へ行く時間がとれない、ひとまず市販薬でどうにかならないか、という方も多いのではないでしょうか。

 

そんな方におすすめなのが、余分な胃酸を抑えたり、粘膜を保護してくれる成分が配合されたお薬。逆流性食道炎にも効果があるという記載があれば、なおよいでしょう。当サイトでは、市販のお薬で大丈夫と心配な方におすすめのお薬をご紹介しています。酸っぱい感じが早く解消してほしいという方、ぜひチェックしてみてください。

 

イツラックの特徴

生薬のパワーで胃と食道の不快感を解消するお薬です。試作を重ねて成分を調合した独自処方です。ケイヒとウイキョウ、チョウジという3つの健胃剤が、胃酸を抑えてくれるので胃痛や不快感を解消してくれます。飲みやすいソフトカプセルタイプ。1回1〜2粒を、1日3回。食べ過ぎや飲み過ぎによる胃の不快症状の解消にも効果的です。ケミカルなお薬を続けるのはちょっとという方にもおすすめ。指定医薬部外品です。

価格 2,980円
評価 評価5
備考 1回1〜2粒 1日3回

 

ガスター10の特徴

H2ブロッカーが過剰な胃酸をコントロールして不快な症状を解消してくれます。胃酸の分泌をコントロールすることで、胸焼けや呑酸を防止します。また胃液の傷ついた胃が回復することができます。空腹時や食後に関係なく、症状が出たときに1錠のむだけ。症状が治まれば、服用を止められるので安心です。直径7oの小粒で飲みやすい糖衣錠。第一類医薬品です。

価格 980円
評価 評価4
備考 1回1錠 1日2回

 

キャベジンコーワαの特徴

昔からおなじみの胃腸薬です。出過ぎた胃酸を中和する成分、分泌を抑える成分が配合され、胸焼けや呑酸を防止。荒れた胃粘膜を整えてくれる作用、胃の働きをよくする作用がるので、胃痛やもたれの解消にも。胃の働きをよくするために、生薬が配合されています。1回2錠、1日3回。持ち運びに便利な携帯タイプもあります。

価格 1,200円
評価 評価3
備考 1回2錠 1日3回

 

逆流性食道炎に効く薬はどんな成分が含まれる?

 

逆流性食道炎にお悩みの方もいるでしょう。薬で改善しようとした場合、どんな成分が含まれている薬を選ぶのがいいのでしょうか。ご紹介していきます。

 

●逆流性食道炎におすすめの薬「タケプロン」の有効成分は「ランソプラゾール」
ランソプラゾールという成分は国内で2番目に認可されたプロトンポンプ阻害薬です。逆流性食道炎に効果的な訳は、胃酸の分泌をしっかり抑制して酸を分泌してくれるからです。

 

●逆流性食道炎ってどんな症状?
逆流性食道炎は胃酸が逆流してしまう事で、食道がただれた状態になってしまうものです。炎症が起こっている状態なので、そのままにしておくのは当然体に負担がかかってしまいます。逆流を繰り返していると、胸やけなどの症状は出やすくなってしまうでしょう。

 

こんな症状が2週間続いたら逆流性食道炎の疑いが強いです。
・ゲップが続く
・胃酸が逆流する
・毎日すっぱい茶色い胃酸が出てくる
・胸やけがする

 

放置していると悪化してしまい、食道が胃の粘膜と似た状態になってしまい、「パレット食道」と呼ばれるものになってしまい、発がんリスクが高まってしまいます。上記のような気になる症状が続いたら、放置せずにすぐ対処していきましょう。

 

●逆流性食道炎の原因って何なの?
それではどうして逆流性食道炎になってしまうのでしょうか。
・暴飲暴食
・就寝前に食事をとる
・胃の入り口で逆流を防ぐ下部括約筋が一時的に緩む

 

胃は普段は細長い状態の胃ですが、飲み食いする事によって膨らんで胃酸を分泌してしまいます。こうなると胃酸と空気の層が出来てしまうので、毎日食べすぎていると胃酸の量は普段より多くなってしまうでしょう。胃液の量が増えてしまうと、空気を抜くためのげっぷは出やすくなってしまいます。下部括約筋が一時的に緩み、胃酸が逆流してしまいます。これを何度もリピートしていると食道はどんどんただれていき、逆流性食道炎に発展してしまうのです。

 

逆流性食道炎に効く市販薬は何がある?

 

逆流性食道炎は病院で処方された薬でなくても、市販薬で改善していく事も可能です。それではどんな市販薬があるのかご説明していきましょう。

 

●逆流性食道炎によく使われる薬ってどんなもの?
・胃酸を抑えてくれる薬
・消火を助けてくれる薬
・胃や食道粘膜を保護してくれる薬
・逆流性食道炎の場合
・胃酸が逆流することによって胃がむかむか、吐き気につながってしまいます。
・胃酸を抑える
・中和する

 

食後に症状が出てしまう事も多いので、消化を助けてくれて食前に胃や食道粘膜を保護してくれるような薬を選んでから食事をとるようにしましょう。

 

●スクラート
スクラルファートを含有し、胃粘膜の荒れた部分を守ってくれます。胃が荒れている人におすすめです。

 

●サクロン
主要成分は主に水酸化マグネシウムで、胃粘膜の保護と胃酸の諸症状を改善してくれるでしょう。

 

●ガストール
「ピレンゼピン」という成分が有効であり、胃粘膜で生じている炎症に効果的です。マグネシウムが酸を中和してくれ、胃を保護してくれるでしょう。

 

●キャベジンα
胃潰瘍などに効果的なキャベジンを含んでおり、胃の運動を促進してくれる生薬ソヨウを含んでいます。

 

●ギャクリア
小林製薬から出ている薬です。漢方薬を含有していて、胃弱になっている時や食欲不振の時にも効果があります。みぞおちがつかえていて疲れやすい体の方で、胃炎や胃下垂、消化不良や食欲不振がある人におすすめです。

 

●ガスターテン
H2ブロッカーのファモチジンという成分が胃酸過多を防いでくれ、逆流にも効果が期待出来るでしょう。胃のむかつきやもたれ、胸やけが気になる人も活用してみてください。

 

●パンシロンAZ
胃潰瘍に効果的なアズレン、Lグルタミンなどを含有しています。これらの成分が胃粘膜に付着して保護することで活躍してくれます。

 

●スクラート
スクラルファートを含んでおり、胃粘膜の荒れた部分を保護してくれます。

 

逆流性食道炎に効く漢方薬の種類は?

 

市販の胃腸薬が効かない、胸やけもいまだ治らないという方は漢方薬を使ってみるのもおすすめです。そこで今回は逆流性食道炎に効果的な漢方薬の種類についてご紹介していきましょう。有名なものをピックアップしてみるので、ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

●半夏瀉心湯 (はんげしゃしんとう)
はんげしゃしんとうは特に体質は問いませんが、体力のない人にはあまり向かないでしょう。食欲不振の時などに使ってみるのがおすすめです。胃腸が弱ってゴロゴロしている時にも使用可能です。下痢気味の人もぜひ使ってみてくださいね。

 

●六君子湯(りっくんしとう)
痩せ形で顔色が悪く、疲れやすい人に適した漢方薬です。胃もたれや吐き気、食欲不振、軟便、関節炎、各種アレルギー症状などに適用します。特にみぞおちあたりを軽く叩くとピチャピチャ音が鳴ってしまう時に使います。

 

●半夏厚朴湯 (はんげこうぼくとう)
心身共に疲れやすく、冷え性でうつ状態の人におすすめです。気分がふさぎこんでいる時に、メンタル不調を緩和してくれるでしょう。最近は逆流性食道炎の治療にも用いられています。半夏厚朴湯だけでも使えますが、喘息の治療には「小柴胡湯」と組み合わせた「柴朴湯」と呼ばれるものを使う事が多いです。

 

●漢方で逆流性食道炎が改善した人の口コミ
「漢方のおかげでほとんど逆流性食道炎の症状が落ち着き、体調がよくなってきました。それまではあまり体調が優れなかったのですが、漢方を飲んでいた方が症状が落ち着いてくるので、もう少し続けていきたいと思っています。去年のちょうど今頃ずっと不調が続いていたので、自分に合った漢方と出会えてよかったです。」

 

●まとめ
漢方薬は植物由来なので比較的体に優しく、ゆるやかに働きかけていきます。

 

逆流性食道炎に薬が効かないことはあるの?

 

逆流性食道炎を直すために薬を使って良くなったという方もいるでしょう。しかし中には薬を使っても逆流性食道炎が改善されなかったという人もいます。本当に薬が効かないことはあるのでしょうか?また薬が効かないと感じた時に、確かめておきたい事があります。

 

●薬が「効かない」と感じた人の口コミ
「逆流性食道炎が心配で胃カメラを飲んで検査しました。薬を処方され、2週間みっちり飲み続けたのですが、効果が全くありませんでした。逆流性食道炎はよくなりません。体に合わないのでしょうか。ドクターから処方されたので信頼していましたが、効果がなくてがっかりです。」

 

●薬との相性は合っている?
薬とご自分の体質が合っていない場合、効果がなかなか出てくれないことがあります。いくら医師が処方してくれた薬でも、最初からぴったりの薬を処方してもらえるとは限らないので、場合によってはセカンドオピニオンも必要でしょう。

 

●すぐに効果が出るわけではない
2週間みっちり飲んだとありますが、薬の効果がすぐにあらわれるとは限りません。個人差もありますし、逆流性食道炎の症状によっても違ってきます。人によって3日で効果が出たという人もいれば4週間かかったという人もいます。まだ2週間しか飲んでいない段階で「効かない」と決めつけてしまうのは早いでしょう。

 

●別の治療法が合っていることも…
胃薬で逆流性食道炎が改善される場合もありますが、薬を服用することだけが逆流性食道炎の治療法ではありません。薬ではなく漢方に頼るのもいいですし、場合によっては内服薬ではなく有酸素運動や整体、鍼灸を受けるという選択肢もあります。少し治療法の視野を広げ、もっと効果がありそうな治療法を選んでみるといいでしょう。

 

逆流性食道炎を改善するためにしたいこと

 

逆流性食道炎は胃酸が逆流してくるのでとても辛いですよね。胸やけがして気分が悪くなってしまう時もあるでしょう。逆流性食道炎になってしまう原因は暴飲暴食など複数ありますが、生活習慣が引き金となって逆流性食道炎になっている場合も十分考えられます。食事や生活習慣の見直しをはかることで、逆流性食道炎が改善されてくることもあるでしょう。

 

●日常からできる簡単な生活習慣改善
・脂っこいものを控える
・喫煙を控える
・甘いものを控える
・肥満にならないようにする
・食後すぐに横にならない

 

●肥満を改善する
自分が太っていると自覚している人は肥満を改善するようにしましょう。肥満は「万病のもと」と呼ばれていて、逆流性食道以外にも様々な病気のきっかけとなります。

 

例えば脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞になる可能性も広げてしまいます。そして逆流性食道炎という病気は、実は肥満体型の方にとても多い病気です。肥満体型の方は満腹感を司るホルモンに少し異常が出ています。そのため本来満腹であるはずなのに必要以上に食べてしまうことがあります。この満腹感を司るホルモンに異常が出始めるのが、大よそ体脂肪率25%以上です。

 

肥満体型の方は高カロリーであり、大量の脂質が含まれている料理を好み、過食傾向になっていくのです。逆流性食道炎は肥満体型の人に多いのが病気の特徴です。肥満でなくてもお腹が出ているメタボ体型の人も痩せるよう努めましょう。

 

●ベルトを強くしめつけすぎない
意外と見落としがちですが、ベルトを強くしめつけすぎてしまうのも逆流性食道炎をひどくしてしまいます。ベルトをきつくしめなければズボンは落ちてしまうため必然的にベルトを強くきつくしめてしまうこともありますが、ベルトを締め付けると体を締め付けてしまう事になってしまうでしょう。