ストレスが逆流性食道炎の原因?

ストレスが逆流性食道炎の原因?

 

 

食後に胸やけがしたり、翌朝に口の中がねばついて気持が悪いといった症状は、逆流性食道炎の可能性があります。胃酸が逆流して食道に傷をつけているために起こる症状で、暴飲暴食や偏った食事などが主な原因です。胃酸を抑制する薬を飲んだり、脂っこい食事や刺激の強い食事に気を付けて胃をいたわるようにすれば回復出来る病気です。

 

病院を受診しても薬の処方と食事や日常生活の指導が基本的な治療なので、食事と薬で症状は改善出来るはずなのに、なかなか症状が改善出来ない場合には精神的な原因が考えられます。ストレスを強く受けていると、胃をはじめとする消化器官にダメージが及びます。胃酸が逆流しやすくなったり、食道の粘膜下過敏な反応を示すようになります。

 

逆流性食道炎は、ストレスが原因で発症したり症状が悪化したりする病気のひとつです。さらに強いストレスを受けると、精神のバランスが乱れて、アルコールの摂取量や喫煙の本数が増えたり過食になる傾向があります。アルコールも喫煙も過食も逆流性食道炎にはよくありません。ストレスを解消することで逆流性食道炎の回復につながります。

 

ストレス解消には心身のリラックスが必要で、入浴はシャワーではなく湯舟にゆっくりと浸かって、心地よい汗をかくのが効果的です。また睡眠も大切で、連日連夜の夜更かしは体力に自信があっても自律神経の乱れにつながります。交感神経と副交感神経のバランスが悪くなると、胃にとってもストレスになります。

 

定期的に運動をすることも効果があります。仕事や人間関係で疲労感を感じた時にはストレスを受けています。出来るだけ早くリラックス出来る方法を実践してため込まないようにすれば、胃にかかる負担を軽減出来ます。