逆流性食道炎の薬を飲む期間について

逆流性食道炎の薬を飲む期間について

 

 

逆流性食道炎で処方される薬は、胃酸を抑制するもの、のどの炎症を改善するもの、胃腸の働きをよくするものなどがありますが、たいていは胃酸の出すぎを抑える薬を処方して経過観察をします。薬効果で胃酸の分泌が少なくなれば、食道に逆流する量も少なくなるので、胸やけ、げっぷなどの不快な症状が起こりにくくなります。

 

しかし薬の効果だけに頼っている場合、薬の服用を中止すると不快な症状がまた起こります。胃酸がたくさん出ないように一時的に薬で抑えただけで、逆流する原因が改善されたわけではないためです。再発しないようにしっかりと治療するには、生活習慣や食生活の改善も併せて行うことが大切なので、再発のリスクが低くなるまで治すにはある程度の期間が必要です。

 

治療を受けている病院で処方された薬を飲んでいて体調に異変があった時には、すぐに服用を中止して担当医への相談が必要です。また逆流性食道炎はすぐに命の危険に陥る病気ではないので、我慢をしたり安易に薬をやめてしまう人も少なくありません。長い期間飲み続けるのが心配だとしても、自己判断で服用の中止するのはよいことではありません。

 

飲み続けても体調の改善が感じられない時には、薬が体質にあ合っていないかもしれません。主治医にきちんと報告をして対策を立ててもらう必要があります。中には短期間でのどの炎症やただれ、胃酸過多を改善することが出来る薬効の強い薬もありますが、薬効が強い分、副作用のリスクはあります。特に免疫力や内臓の機能が低下している高齢者が服用した場合、認知症に似た副作用が起こる場合があるという事例も報告されています。逆流性食道炎はストレスが原因で発症したり悪化する病気でもあるので、短期間では完治は難しいでしょう。