逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは

 

 

逆流性食道炎は、胃液が逆流して吐き気や胸やけが起こるのが一般的な症状ですが、食道にただれや炎症が同時に発症しています。胃液が逆流する原因のひとつは、胃と食道をつないでいる筋肉の劣化が挙げられます。胃と食道を繋いでいるのは下部食道括約筋で、咀嚼して飲みこんだ食べ物を通す時にだけ開くような仕組みになっています。

 

健康で筋力がしっかりとしていれば、仮に大量に食事をして胃が飽和状態になったとしても、逆流防止機能が働くので胃液が筋肉を押しのけて逆流することはありません。しかし筋力が低下していると、筋肉をすり抜けて食道に逆流します。胃酸や咀嚼して飲みこんだはずの食べ物が食道に戻ってくるのですが、胃液は強い酸性です。胃壁には胃酸の強い酸性に負けない機能が備わっているので問題はありません。しかし胃液を通す必要がない食道には、胃酸によりダメージを防ぐ機能はありません。そのため胃酸が食道の粘膜に触れてしまうとただれや炎症となり、ひどくなると腫瘍が出来ることもあります。

 

症状の主な特徴は胸やけや吐き気で、他にも胃痛、食道や胸の痛み、のどの異物感・圧迫感、食欲不振などいろいろです。これまでは老化現象もしくは高齢者特有の症状だと思われてきましたが、若い人の間でも逆流性食道炎が増えています。食べすぎや飲みすぎによる内臓疲労、ストレスが発症にかかわっています。なお食後に胸やけが起こっても、食道にただれや潰瘍などの異常がなければ、非びらん性胃食道逆流症と区別されます。

 

暴飲暴食を謹んで規則正しい生活を心がけただけでも改善は可能です。市販薬の改善は可能ですが、不調が長期間になると他の疾患の可能性もあるので、病院での検査を受けて適切な治療を受けた方が良いでしょう。