逆流性食道炎に良い食べ物とNGの食べ物

逆流性食道炎に良い食べ物とNGの食べ物

 

 

逆流性食道炎になってしまったら、薬だけで完治させるのは難しいです。病院でも薬の処方以外に食事療法の指導があります。食事の基本は腹八分でもう少し食べられるというところでやめておくことが大切です。常にお腹一杯に食べていると、胃に大きな負担がかかります。

 

食事に取り入れない方が良い食べ物もあるので把握しておくことが大切です。味のはっきりとした食べ物は良くありません。例えば塩辛いもの、酸味が強いもの、香辛料の強いものなどは健康な時なら食欲増進になりますが、逆流性食道炎になっている時には必要以上に胃に負担がかかります。また消化に時間のかかる食べ物も避けます。油を多く使った炒め物や揚げ物は腹持ちが良いですが、胃には負担が大きいです。甘いものの食べすぎも要注意です。飲み物にも注意が必要です。コーヒー、炭酸飲料、アルコールは出来るだけ控えた方が良いでしょう。また食べる時間も重要で、特に夕食は就寝時間の3時間以上前に食べるようにします。

 

逆流性食道炎になっている時に取り入れてよい食べ物は消化の良いものです。玄米や雑穀米は栄養は豊富ですが、消化という点ではNGです。白米は柔らかめに焚くかお粥で食べます。うどんも腰の強いものはなるべく避け、よく煮込んだほうが胃には優しいです。たんぱく質は魚を中心にします。肉はステーキではなく、シチューやポトフなどのように柔らかく煮込めば問題はありません。豆腐、ヨーグルト、卵、納豆、山芋なども逆流性食道炎には適した食べ物です。栄養のバランスを考えて組み合わせて食べることが大切です。食後すぐに横になると胃酸が逆流しやすいので、2時間から3時間はゆっくりと過ごすことも必要です。