逆流性食道炎の原因はさまざま

逆流性食道炎の原因はさまざま

 

 

食べたものや胃酸が逆流して食道に炎症やただれが生じるのが逆流性食道炎で、一般的には胃と食道の間にある下部食道括約筋の筋力が低下するために発症すると言われています。高齢者が発症した場合には筋力低下が主な原因と考えられますが、若い人の場合には筋力低下以外にも様々な要因が絡み合っています。例えば便秘が原因のひとつになることがあります。便秘は腸内に老廃物が滞留する状態で、中でも慢性的に便意がない人の約1割に逆流性食道炎の症状があるという統計結果があります。

 

腸に老廃物やガスが詰まって腹圧が高くなるために胃酸が逆流を起こします。便秘以外で若い人に多く見らる特徴は脂質の多い食事です。若いうちは食欲が底なしで唐揚げやカツなどを毎日のように食べたくなりますが、疲労の蓄積やストレスなどちょっとした体調不良によって、胃腸の働きが低下することがあります。特に十二指腸はストレスに弱いので、脂質の多い食事をしていると逆流性食道炎を発症しやすくなります。

 

また働き盛りの人では、連日の飲酒や喫煙の習慣が逆流性食道炎の原因になります。アルコールは胃酸の分泌を促進し、喫煙は胃の酸性度を強くする作用があります。加えて栄養バランスの悪い食事を続けていると、下部食道括約筋の働きも低下して胃酸の逆流が起こりやすくなります。

 

さらに暴飲暴食が続いてメタボ体型になっている人も注意が必要です。腹囲に標準値以上の内臓脂肪や皮下脂肪がついていると、胃が正常な働きが出来なくなります。またデスクワークが長い人も注意が必要です。長時間座り続けていると、猫背や腹部を圧迫する姿勢になり、腹圧が胃を圧迫する状態となって胃酸が逆流して食道に炎症を起こしやすくなります。

 

逆流性食道炎の発症原因はひとつとは限りません。複数の原因が重なっていることもあるので、完治には医師に相談するとともに食生活や生活習慣の見直しが大切です。