逆流性食道炎の治療には薬とサプリメントのどちらがいい?

逆流性食道炎の治療には薬とサプリメントのどちらがいい?

 

 

逆流性食道炎を病院で治療を受ける場合には処方薬が用いられます。医療機関用なので、配合成分や効果は市販薬と比較すると強めになっています。飲み合わせや副作用の問題がありますが、医師の適切な判断によって処方されるため確実な改善が見込めます。

 

処方された薬を飲めば、逆流性食道炎の特徴である胃酸の過剰な分泌や逆流を抑えることが出来ます。医療用と同様の成分が配合された市販薬もありますが、配合量は低く抑えられているのでか特徴です。迅速に確実に症状を改善出来るのは処方薬と言えます。

 

薬の効果は分かっていても、副作用があるし病院に行く時間がなかなかないという場合、サプリメントで自身の回復力を改善するという方法もあります。またサプリメントは健康補助食品で医薬品ではありませんが、処方薬と併用すると相乗効果が得られて症状の改善が早くなることもあります。種類によっては医薬部外品として認定されているものもありますが、利用したい場合には主治医に相談をして薬との相性などの確認も必要です。

 

例えば胃酸の分必を抑える薬の中には、カルシウムの吸収を阻害する成分が含まれていことがあります。カルシウムやビタミンD・ビタミンCなどをサプリメントで補うと骨粗鬆症のリスクを低く出来ます。逆流性食道炎の改善をサプリメントで試みる場合、塩酸ベタインを配合しているものは胃酸の逆流を抑制する効果があります。また漢方でよく用いられる甘草は胸やけの改善効果がありますし、主に柑橘類に含まれているDライモネネという成分を含んだ製品は、胃酸の逆流を抑制するので逆流性食道炎の予防に役立つとされています。天然成分なので基本的には安全性は高いですが、どのような種類のサプリメントでも、使用に際してはメーカーや製品の安全性・確実性を確認してから利用することが大切です。