逆流性食道炎の特徴的な症状とは

逆流性食道炎の特徴的な症状とは

 

 

逆流性食道炎の症状でもっとも特徴的なのは胸やけです。食後に胸がむかむかする、重苦しい、不快感がある、というのが主な症状です。胃酸が食道に逆流して起こる症状で、のどや口にすっぱいものがこみあげてくる場合は呑酸といいます。呑酸は逆流性食道炎特有の症状です。

 

また食べ物がのどから胸のあたりにつかえて、食べ物が飲み込みにくくなることもありますが、胃酸によってのどの粘膜がただれて蠕動運動が出来なくるために起こります。咳がしょっちゅう出る場合もあります。慢性的なせきの症状は、喉頭という部分の粘膜に炎症が起こっているのが原因で、せきが絶えず出るようになったり声がかすれることもあります。その他食欲不振、胃痛、のどの痛み、起床時の胸やけなどもよく起こります。

 

逆流性食道炎で見られる症状は、呑酸を除いては他の胃腸病などにも共通しています。例えば胸の痛みの代表的な疾患は、狭心症や心筋梗塞があります。胃痛なら胃潰瘍や胃がんの可能性もありますし、食べものがつかえるのは食道がんの可能性もあります。

 

胸やけや呑酸が初期の症状ならば、消化の良い食事にして市販の胃腸薬を飲むだけで回復出来ますが、胸やけイコール逆流性食道炎ではないので、不快な症状が長引くようなら医療機関での診断が必要です。胃腸科や消化器内科・消化器外科を受診すると、問診や基本的な検査に加えて、内視鏡・胃カメラ・MRIなどの検査が受けられるので、胃や食道の状態を目視して調べてもらえます。

 

また逆流性食道炎は中高年や高齢者が発症しやすい病気と言われていますが、食生活の変化によって若い人にも多く見られる病気です。緊急性は高くありませんが、症状に心当たりがあればなるべく早く検査を受けた方が安心です。